TSHS-フライパンの専門メーカー。

インドネシア - 豆炒め

TSHS

私はインドネシアで豆の売買をしているオペレーターです。 私は数年間この業界にいました。 収益は近年持続的な成長を示しています。 取引量は増加していますが、修理の問題が増えている工場にはますます古い機械があります。 ですから、これから変更することにします……

実際、人件費を削減するために、常に設備を自動化生産にアップグレードしたいと考えていました。 一方で、私はまた新しい装置が壊れたインゲンマメ殻についての私の問題を解決することを願っています。

私は常にアメリカ製の機器を使用してきました。しかし、そのコストは私にとっては絶対に難しいものです。 また、以下のサービスやメンテナンスは便利ではありません。 だからこそ、私は新しい機器と他の国々からの協力を求めています。

台湾のTsung HsingについてのALL PACK展にはとても良い印象を受けました。 それから連絡先情報を互いに残しました。 その後、私はTsung Hsingのセールスマンと連絡を取り合い、私たちが何を必要としているのか、何を期待しているのかを話し合いました。 私はTsung Hsingが私に機械についての多くの情報、データと知識を提供できることに気づきました。

私がまだ躊躇していたとき、Tsung Hsingは彼らの会社を訪問するように私を招待し、少し躊躇することなく私のために機械を見せてくれました。 その瞬間、私は職業、情熱、そして自信に満ちたと感じました、そしてそれが私がすぐに注文をした理由です。 その後、カスタマイズされた要件から次のマシンサービスまで、それらすべてが私と私の従業員にとって間違いなく素晴らしいものでした。

Tsung Hsingとの協力には満足しました。彼らは単に機械を販売するだけではなかったからです。 さらに、彼らは私たちの生産、コスト、そして詳細な問題を含む何か他のことを気にかけました。 私たちの関係は単に買い手と売り手でしたが、彼らはいつも私たちに電話をかけたりEメールを送ったりすることで私たちを心配させました。 彼らがしたことは実際に私を暖かくしました、そしてその後、私たちは密接に関連した友情を持っていました。 ある日私が要求を持っていたならば、私は疑いもなく取引をするために再びTsung Hsingに来ます。

プレスリリース